腱鞘炎 原因 湿布 テーピング ストレッチ

腱鞘炎の治療や症状などについて解説して行きましょう。

スポンサーリンク

現在ではパソコンやスマートフォンが普及しており、日常的に手首を使う機会が多くなっています。
その際に痛みが生じるというのは腱鞘炎のサインかもしれません。

 

手首や指を使う人にとっては手首や指が痛むということは辛い症状です。
特に仕事で腕や手を使う人にとっては大変つらい状況だと思います。

 

このサイトでは詳しい症状や治療方法などをまとめていますので発症してしまった方や痛みが出て気になっている方もご覧ください。
それではまず大まかにどんなものかを説明していきましょう。

 

【腱鞘炎とは!?】
腱というのは腕の筋肉からつながっており、手や指を動かすときには腕の筋肉も一緒に動いています。
その際に腕の筋肉と手や指の筋肉をつないでいるものが「腱」になります。
これが「腱鞘」と言われるトンネルの中に入っていますので腱は腱鞘の中で動いています。

 

こうして手や指は動いていますが、パソコンやスマホなどによって激しく動かしたり動かし続けることで腱鞘と腱がこすれて炎症を起こします。
こうして腱鞘炎を発症します。

 

その種類はいくつあり、「狭窄性腱鞘炎」「ばね指」「ドケルバン病」などの種類があります。
大人でも子供での発症しますが最もなりやすいのは日常的に指や手首を使う人、出産後や更年期の女性が多いと言われています。

 

【症状】

前兆…手が動かし辛い、動かすとだるい、手首の腫れなど

 

初期症状…指や手、手首を動かすと不快感を生じる、瞬間的な痛み、痛みはあるが詳しい場所を特定できない

 

このような過程を経て徐々に悪化していきますので前兆や初期段階での治療が重要です。
悪化してしまった場合には痛みを感じる場所がはっきりします。

 

その痛みは継続して発生するようになり、手や指などを使用する際に日常的に痛みが出るようになります。
さらに症状が悪化してしまった場合には注射や手術が必要になる可能性もあります。

スポンサーリンク

【治療】
この病気では患部を休めるということが重要になります。
テーピングやサポーターなどで手や指を固定し動かさないようにしましょう。
温めてほぐすことも効果が期待できます。

 

お風呂に入った時に手を握って放してを繰り返すなどのストレッチもオススメです。
ただし患部が腫れている場合には温めると血行が良くなってしまい痛みが強くなることがあります。
その場合には冷やしてみましょう。

 

痛みがひどい場合には病院を受診するようにしてください。
解熱鎮痛剤などの痛み止めなどの薬を処方してもらえます。
悪化して痛みがひどいような場合にはステロイドの注射によって炎症を抑えることもあります。

 

【予防】
ストレッチやマッサージが有効です。
基本的に患部が動かないように安静にするのが基本ですが、発症したばかり、もしくは発症してるかも、といった症状の場合にはマッサージやストレッチも取り入れましょう。
一度発症している場合でも再発を防ぐことが出来ます。
お灸やツボも効果が期待できます。

 

【まとめ】
パソコンやスマートフォン、他にもピアノなどの楽器、文字を書く、スポーツなど、指や手首を日常的に使う人はたくさんいます。
もちろん仕事で一日中パソコンに触れているという人にとってはよく聞く病気なのではないでしょうか。
最終的に動かなくなってしまうこともある病気ですので「早期発見」「早期治療」が最重要です。

スポンサーリンク