腱鞘炎 朝 痛い 原因

朝痛い腱鞘炎の原因と特徴とは!?

スポンサーリンク

腱鞘炎の症状は実は様々であり発症した部位によっても更に分かれてくるのですが、単純に痛さを伴うだけではなく動かし難かったり怠いというのもその一つとなっているのです。
ただそうした症状は別の要因と絡む事によって感じ方が異なってくるという特徴も持ち、例えば朝起きた時にだけ腱鞘炎が疑われる部位が特に痛いという事も出てきたりします。
これは痛いという部分に関しては腱鞘炎が確かに原因とはなってはいるのですが、朝というキーワードに注目すると別の要因もあって多くが筋肉の凝りがそれに当たる物ともなっているのです。
この筋肉の凝りは健康体の人でも眠っている間に起こる事なので別段珍しくも無い物の、腱鞘炎を伴うと動かし難さが症状に余計に拍車をかける事となり痛い原因となって現れる事もあります。
防ぐ方法としては朝起きたら行き成り起き上がらずに軽めのストレッチをするのも手ではありますが、こうした手段はある意味で腱鞘炎を緩和する事にも繋がるので優れてもいるのです。

スポンサーリンク

腱鞘炎は時に軽く見られがちではありますが回復を先延ばしにすると悪化する事も多く、進行し過ぎるとバネ指と言った症状や激痛を伴って動かす事さえ困難となるので気を付ける必要もあるのです。
特に近年はこれらのリスクが高まっている状況にもありその原因として考えられるのがパソコンや携帯端末の普及で、同じ姿勢や部位を使うという状態に陥り易く慢性化する可能性が高まってもいます。
それ故にたかが腱鞘炎と侮らずに適切な手段を用いてケアして行くのが重要とはなっていますが、個人で行う時には十分にそれらを調べた上で理解して実践するのも大事となっているのです。
というのもこれらの方法には間違えると悪化させる要因もあるので気を付ける様にすると共に、少しでも不安な面や分からない事があれば勝手に判断せずに医者に相談するという心構えも持っておくようにします。
一般的な手段としては痛い部位をテーピング等で固定して安静にするのも大事ですが、温めて血流を良くする試みも同時に行うと治りを早くする事もできるのです。

スポンサーリンク