腱鞘炎 注射 効かない 原因

腱鞘炎の注射が効かない原因とは?筋肉が影響?

スポンサーリンク

さまざまな治療手段で、腱鞘炎の悪化を防ぎ元の状態に近づけることができます。
注射による治療は効果的ですが、人によっては効かないこともありえます。
注射は腱鞘炎を改善するのに役立ちますが、あくまでも炎症を抑えるだけです。
効かない原因になっているのは腕の筋肉です。
腱鞘炎は、手首の使い過ぎによって起きますが同時に腕の筋肉も使いすぎている状態にあります。
注射をしても効かない状態にあれば、筋肉をほぐすことを始めてみるとよいです。
ただし、医師と相談して無理なく行うことを忘れてはいけません。
原因は分かっていますが、人によって対応手段が変わっていきます。
筋肉まで硬くなっていなければ、腱鞘炎は固定したほうが治りやすいです。
また、必ず注射をしなければいけないわけではありません。
腱鞘炎の程度によっては休ませるだけで回復することも多いです。
使いすぎが原因ですので、痛みなどがあれば休ませつつ病院に行けば適切な治療が受けられます。

スポンサーリンク

痛みを我慢して、病院に行かないままだと腱鞘炎は悪化する可能性が高いです。
時間がたてばたつほど、炎症だけではなく筋肉も痛みなどによって硬くなり注射が効かない状態になってしまいます。
注射でも改善しない場合は、手術が必要になることもあり得ます。
体への負担を減らすためにも、放置してはいけません。
早めの治療を受けることは当たり前ですが、日頃から手首をケアして予防することも重要です。
現在では、手を使う機会が多く手首にも気付かないうちに負担をかけている人が多いです。
長時間手を使う時は、適度に休憩を入れて手首や筋肉を休ませればいいです。
使いすぎない状態であれば、腱鞘炎になることはありません。
急激に痛みがでることはほぼなく、毎日の疲労が蓄積してなってしまいます。
つまり、普段から負担が少ない状態にしていれば痛みがでることはないといえます。
もちろん、老化などによってかかる負担は変わっていきます。
年齢に応じて手を使う機会を減らしていくことも予防になります。

スポンサーリンク