腱鞘炎 湿布 市販 作用

腱鞘炎に市販の湿布を貼る!その作用とは?

スポンサーリンク

腱鞘炎は指や手首の関節のあたりに痛みが出てしまう病気です。
仕事や家事で指を使いすぎたことが原因になって炎症を引き起こしてしまっている状態です。
熱を持っているように熱くなったり痛みがあるため、市販の湿布を使って応急処置を行う人は少なくありません。
市販のものに限らず湿布の作用は患部の熱をとることにあります。
湿布には温湿布と冷湿布がありますが、実際には作用はどちらも同じです。
患部に貼った時、カプサイシンを成分に含んでいるものは温かく感じ、メントールを成分に含んでいるものは冷たく感じるという違いだけしかないので好きなタイプを選んで貼っても構わないと言われています。
腱鞘炎の時には患部が熱を持っているケースが多いので、市販の冷やすタイプを使うことで肌の表面を冷やす作用で心地よく感じることが多いようです。
基本的に、腱鞘炎の患部を冷やすのは症状の初期だけと言われています。
これは初期の炎症を鎮めるためです。

スポンサーリンク

痛みが慢性化してきた場合には、初期の頃とは逆に患部を温めた方が良いと言われています。
患部を温めて血行を良くすることで腱鞘炎の痛みなどを軽減することができるためです。
患部の熱がなくなったころからは温湿布を使って患部の血行を良くする方が向いています。
湿布は長時間張り続けると痒みやかぶれなどが肌に出てきてしまいます。
一度貼ったものは4時間ほどしかその効果が持続しないと言われています。
お風呂上がりに貼ったまま寝て、朝になったらもう一度張り替えるというような1日2回程度の交換で過ごしている人も少なくありません。
お風呂に入っている時間程度しか肌を休める時間がないということになってしまいます。
それでは患部への効果がないのに貼り付けている時間が長くなってしまいます。
肌に痒みやかぶれが出ないように連続して張り続けるのではなく、患部に貼ってから4時間程度経過したら一度剥がして肌を休ませるようにしてから使うようにしましょう。

スポンサーリンク