腱鞘炎 手術後 リハビリ

腱鞘炎の手術後に行うリハビリについて

スポンサーリンク

腱鞘炎は日本人によく起こりやすい症状であり、この頃はこの症状に悩んでいる人が多いです。
こういう症状は同じ動作をしていると発生しやすく、例えばパソコンのような作業をしているとなりやすいといわれます。
では腱鞘炎になった時はどうすればいいかというと、基本的にはその部分を休ませて自然に回復するのを待ちます。
そういう形にすれば自然に症状が良くなるのですけど、そのような対応では治せない場合は外科的な方法を行います。
外科的な方法を行うのは負担が大きそうに感じますが、手術そのものは短時間で終わることが多いです。
そのため手術の負担は小さいのですけど、手術後には患部の状態をよくするためにリハビリをしなければいけません。
この手術後のリハビリは最初は軽い運動からすると良く、関節などに負担がかからないようにすることが大事です。
具体的にどのようなことをするべきかは医師に相談する必要があり、そのような対応をすることが重要です。

スポンサーリンク

腱鞘炎の症状は治りづらいケースがあり、そのような長期的な問題が発生した場合は手術をすることが多いです。
この症状の手術は簡単に終わるのが一般的ですけど、手術後に関節がおかしくなりやすいのでリハビリが必要です。
腱鞘炎の手術をした後は無理に関節を動かすべきではなく、下手に動かすと色々な問題を発生させます。
そのようなところがあるので手術をした後はしばらく安静にして、そうやって痛みが出なくなってきたらリハビリをします。
このリハビリでは関節がうまく動くようにトレーニングすることになり、そうやって少しずつ問題の改善をします。
なぜこのようなことが必要なのかというと、この手術をした後は関節部分に異常があることが多いからです。
腱鞘炎の手術は神経が多い所を治療するので、神経や周囲の腱などがおかしくなることがあります。
そういう問題を解決しなければいけないですから、関節を少し動かすなどして症状を良くして行くことが大事です。

スポンサーリンク