腱鞘炎 手術 保険 適用

腱鞘炎の手術は保険が適用される?その費用とは?

スポンサーリンク

腱鞘炎という病気があります。
これは体の一部分を何度も使いすぎることで炎症が発生するようになっています。
腱鞘炎は手首などの発症することが多くなっています。
治療は安静にするということが一番となっていますが、このほかにも治療方法がいくつかあります。
腱鞘炎の治療方法で手術を行うというものがあります。
手術を行う際には保険が適用されるのかが気になります。
腱鞘炎の手術に関しては、ほかの外科的手術と比べると比較的短い時間で終わるようになっています。
したがってそれほど難しい手術ではありません。
しかしほかの場合と同じように手術であることに違いがありません。
したがって同意書へサインを行ったり、血液検査が行われたり、尿検査などが行われるようになっています。
なぜ血液検査が行われるようになっているのかというと、これは感染症の有無などを調べることが目的となっています。
しかし血液感染検査に関しては、保険の適用外となっています。

スポンサーリンク

手術を受けることを考えているという人は、このようなことが行われるという流れをあらかじめ頭に入れておくようにします。
また治療に関しては、症状の進行状況によって判断されるようになっています。
症状の進行がレベル2以上の場合には検討されるようになっています。
しかし初期段階では温存療法が行われるようになっています。
これで現状維持を目指すということが行われています。
ここでは一部の血液検査費用を除いて保険適用となっています。
また気なるのが施術の際に必要となる費用です。
局所麻酔や事前検査や処方薬の費用が必要となります。
施術に関しては約2万円となっています。
そしてここにその他の費用が加わって、すべてで約2万5000円から3万円となっています。
しかし費用を負担するのが3割となっているので、実際には7500円から8500円程度となっています。
ほとんどが日帰りで行うことができるようになっています。
医師に事前に確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク