腱鞘炎 注射 しびれ 副作用

腱鞘炎の注射でしびれなどの副作用について

スポンサーリンク

腱鞘炎の治療方法としていくつかの方法があります。
腱鞘炎とは使いすぎることで炎症が発生している状態となっています。
したがって治療方法としては基本的に安静にするということが行われています。
症状が比較的軽いという場合には、安静にして一定期間固定をすることで症状が落ち着くようになっています。
しかしこれらの方法でも症状が改善しないということがあります。
この場合にはほかの方法が行われるようになっています。
それが注射を使った治療法ということになります。
腱鞘炎を発症したときに、あまりにも痛みが激しいということがあります。
これは急性と考えられるようになっていますが、この場合には治療方法の一つとして注射が行われるようになっています。
このときに行われる注射はステロイド注射ということになります。
すなわち副腎皮質ホルモン剤ということになります。
ここで薬の作用がしっかりと働けば、1回の施術で治療が終了ということもあります。

スポンサーリンク

この場合どこに注射をすればいいのかというと、腫れている腱鞘と腱との間にステロイド剤をしっかりと注入しなければ、効果を実感することができないようになっています患部にしっかりと届けば症状は改善します。
1回の施術で大きな効果を実感することができないという場合には、2週間から3週間という期間を空けてもう一度行われるようになっています。
しかしこれはあくまでも炎症を和らげるという効果があるだけで、根本的な治療とはなっていません。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それが副作用になります。
どのような薬にも副作用の可能性があります。
この場合どのような副作用の可能性があるのかというと「しびれ」になります。
しびれ以外に注射を行うときに大きな痛みを感じることもあります。
しびれや痛みなどの症状が現れたときには、無理に治療を続けずに医師に相談をするようにします。
またしっかりとした場所に注射をしないと副作用だけが残ってしまうということもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク