腱鞘炎 お灸 ツボ 効果

腱鞘炎に効くツボとお灸の効果

スポンサーリンク

スマホやパソコンなど、手や指を頻繁に使うアイテムが普及し始めたことによって腱鞘炎になる人が増えてきています。
手が使えないと日常生活に不便を強いられてしまうことになります。
治療法は様々ですが、お灸でツボを刺激することで治すといった方法もあるのです。
ただし効果は後からゆっくりあらわれるので、じっくりと取り組んでいける人におすすめです。
まず、お灸をすえる場所ですが、腱鞘炎を起こしている部位によって違ってきます。
最も多いと思われる部位は親指のあたりで、楽器の演奏やパソコンを多用する人は大抵この部分に痛みを感じているようです。
親指に痛みを感じる場合の適しているツボは、腕の内側辺りにある孔最です。
腕の内側の、肘の関節部分から指4本分ほど離れた位置の親指側にあります。
また、親指を反らした時にできる2本のスジの、根本にできたくぼみは陽谿と呼ばれ、こちらも効果がありますが、痛みが強い場合は陽谿は避けるようにしてください。

スポンサーリンク

自宅でツボにお灸をすえる場合、台座型のものがおすすめですが、お灸が無い、室内で火を使うのに抵抗を感じるなら、ツボを押すだけでも効果を得ることができます。
外関や大陵、偏歴も腱鞘炎に効くとされているツボですので、覚えていきましょう。
手首の甲を上にして、手首の中央から指3本分のところにあるのが外関で、親指の痛すぎない程度に腹で押すようにします。
大陵は手首の関節の真ん中にあり、親指の腹で軽く2秒ほど押して離す、の繰り返しがおすすめです。
手の甲を上にした時に、親指側の手首の付け根にくぼみがありますが、そのくぼみの中央から肘の方向へ親指3本分ほど進んだ場所にある、筋肉のくぼみのあたりが偏歴と呼ばれるツボです。
こちらも親指の腹で押してみるようにします。
以上のように腱鞘炎に効くツボは色々ありますが、腱鞘炎になる前に予防するのも大切です。
手の使い過ぎによって起こるのなら、使わなければ良い……というわけには流石にいきません。
たとえばパソコンなどで長時間作業する場合は、1時間に一度は休憩時間を挟むようにします。
その時、血行を良くするために両手を高く上げたり、ゆっくり揺するように動かすと良いでしょう。
パソコン画面上のものを読む時は、手をキーボードやマウスからはなし、手を休ませるようにしてください。

スポンサーリンク