腱鞘炎 痛み止め 飲み薬

腱鞘炎の治療は痛み止めの注射や飲み薬で対応しましょう

スポンサーリンク

手首や指先等に激痛がはしり場合によっては動かせなくなってしまう病気といえば「腱鞘炎」であり、早めに対応する事によりすぐに治す事ができる病気であり幅広い年齢層の間で発症する病気であるため注意する必要があります。
腱鞘炎が起きるメカニズムについては指先や手首にある神経・筋肉・腱に長期的に負荷をかけてしまうと圧迫や過重によって炎症が起きてしまいこの病気を発症してしまいます。
医師、作家、プログラマー、製造業系の人が腱鞘炎になりやすいといわれていますが今はスマホの操作をしすぎたりして腱鞘炎になる人も増えてきている傾向があります。
症状としては軽度の場合であれば腱より先にある筋肉の違和感を感じたり疲労・だるさを感じ少し痛みが出る程度であり冷やしたりストレッチなどをすれば症状が緩和します。
中度から重度になると瞬間的な痛みを感じつつ痛みが長時間起きたり不快感・違和感が出てきて痺れが起きたりする場合もあります。
キーボード・マウス・ペン等を使おうとすると激痛が起き使用する事が困難となります。
何となく手首や指先に違和感や不快感を感じたりしたらすぐに病院に行って検査を受ける事をおすすめします。

スポンサーリンク

病院で診療を受ける場合は何科を受診すれば良いのかというと、無難な所としては整形外科、形成外科、外科等になっています。
ここには専門知識と高度な医療技術を持った医師が常駐しているためしっかりとした診察と治療を行ってくれるからであります。
そのため病院を選ぶ時はできるだけ専門医が常駐している所を頼りにして行く事が良いとされています。
診察とかで腱鞘炎である事が判明した場合は状態や状況に応じて治療方法を選ぶ事が可能となっていて、薬物治療、手術、痛み止め注射があります。
また、診療後には必ず痛み止めの飲み薬や湿布・塗り薬も処方されるためそれを使いながら改善に向けた対策をとっていく事になります。
飲み薬には鎮痛作用が含まれている薬が処方されるため副作用にも気をつけながら服用していく事になります。
どういった飲み薬があるのかについてはインターネットで検索を行えば専門的に紹介しているブログやWebサイトが多数あるためそこで詳細を確認する事ができ、痛み止めの注射の紹介も行っていますので参考にしましょう。
ちなみに腱鞘炎が軽度また中程度であれば痛み止めの注射を打って対処する事ができますが重度であれば手術を行う必要があり、短時間の手術を受ける事になります。

スポンサーリンク