腱鞘炎 治療 保険 適用

腱鞘炎の治療や保険の適用について

スポンサーリンク

病気の治療を受けるときには、費用などが気になります。
医療費は非常に高いものとなっていますが、保険適用となると非常に楽になります。
腱鞘炎という病気があります。
これは何らかの原因で、腱に異常が発生するようになっています。
人間の体には、筋肉と骨の付着している部分にたくさんの腱があります。
この腱が障害を発生している状態が腱鞘炎ということになります。
したがって異常を感じたときには、体のどのような症状が現れているのかをしっかりと確認するようにします。
腱鞘炎とは腱鞘と呼ばれる部分の内部が炎症を発生している状態となります。
したがってこの中を腱がスムーズに動くことができません。
これが発症の原因と考えられています。
全身の腱に発症する可能性があります。
炎症が発生すると、腱が厚くなったり硬くなるというようなことがあります。
そして最終的に腱の動きが悪化してしまうということになります。
原因としては腱の使いすぎがあります。

スポンサーリンク

そこでどのような治療が行われているのかが気になります。
腱鞘炎の治療に関しては、基本的に安静にするというような保存療法となります。
保存療法とは手術を行わない治療方法のことになります。
使いすぎを避けたり一定期間固定をするということが行われています。
また薬を服用することもあります。
温熱療法が行われることもあります。
しかしこれらの方法で効果が現れない場合には、手術が行われるようになっています。
ここでは腱鞘の切開を行うという切開手術が行われています。
この手術は保険適用となります。
局所麻酔を行って、腱鞘の中の腫瘤を取り除いていきます。
簡単な手術が多くなっているということで、手術は15分程度で終了し、日帰りも可能となっています。
簡単な手術ということで保険が気になりますが、腱鞘炎の場合には小規模でありながらしっかりと手術として認められています。
日帰りの場合には適用にならなくても、生命保険や医療保険などの適用になることもあります。

スポンサーリンク