腱鞘炎 テーピング 薬指

薬指を例にした腱鞘炎の治し方とテーピングの使用方法

スポンサーリンク

腱鞘炎は慢性化すると酷くなる一方であり悪化した場合はより重症化する事もありますので、可能な限り早期の症状の内に改善する方がその時は大変であっても良い結果をもたらす事にもなります。
実際に腱鞘炎の治療は面倒な部分があり基本としては安静にする事でもあるので場合によっては仕事も制限され、ある意味では非現実的な面も持っていますがこれらはサポート用品を使う事でカバーする事もできるのです。
その方法を薬指を例にして説明しますと最初に痛む部分と炎症が無いかの確認をしますが、後者の症状が見受けられる場合は先ずは冷やしてやる様にして緩和するのを優先します。
炎症を起こしている状態ですとその後の治療方法をとったとしても悪影響を及ばしかねないので、手を抜かずにしっかりと氷等を利用して鎮める様にするべきなのです。
次に痛む部分の確認ですが薬指を上下や左右に曲げて特に痛むという箇所を覚えておく様にしますが、補助としてもう一方の手を使うと無理を減らす事もできます。

スポンサーリンク

痛む箇所を確認したら今度はそこに曲がらない様な形でテーピングを利用して固定するのですが、基本的には付け根以外の部分にも沿わせる事で適度な引っ張りを与える方が上手くいくのです。
薬指を例にすると痛むのが第二関節の辺りの場合は一旦そこからテーピングを貼り、手の甲から更にその先の肘に届かない部分にまで貼ると効果的ともなるのです。
この時に出来れば負担を軽減する為に予め長さを測ってからやるのがコツであり、そうする事によって引っ張り過ぎや圧迫のし過ぎも防ぐ事になるので必要に応じて利用する様にします。
そこに先程のテーピングの倍の長さを切り出して薬指の付け根に回す様にした後、これも手の甲から肘辺りまで貼り付けると強固に固定できる様になるのです。
後は剥がれ無い事を目的として短めに切ったテーピングを薬指の第二関節辺りに巻きますが、これは固定ではないのであまり強く巻き過ぎない様に注意する様にします。
このテーピングは清潔さを保つ為に数日程度を目安にするか風呂に入った後を目処に取り替えますが、そこで面倒だと思って手を抜くと腱鞘炎の治りも遅くなるので注意します。

スポンサーリンク