腱鞘炎 病院 何科

腱鞘炎は病院の何科を受診すればいい??

スポンサーリンク

腱鞘炎とは、筋肉の力を四肢の先端に伝える働きをする腱を中に通している腱鞘という部分に起こった炎症の事を指します。
炎症が起きると、少しずつ腱鞘部分の滑りが悪くなっていきます。
手指に起こる事が多く、うまく手が動かせない、手指が腫れている、何となく手がだるいという症状を感じる事から始まります。
炎症が進むと、指や手首を使う度に痛むようになり、痛みで指が曲げられなくなってしまい、日常生活や仕事をする上で支障をきたしてしまう事もあります。
腱鞘炎を引き起こす原因は、関節部分の使い過ぎが第一に考えられています。
腱や腱鞘を使いすぎる事で、少なからず摩擦が発生し、炎症が起こりやすいのです。
手を使った家事をする人や作家などペンを持つ事が多い人がなりやすいとされています。
女性の方は、妊娠出産期や更年期に、特になりやすいので要注意です。
筋力以上の負荷を連続してかける事が腱鞘炎の原因となるので、連続した負荷をかけないように休憩をとりながら作業をする事で予防する事ができます。

スポンサーリンク

手指が痛い、腫れている等の腱鞘炎の症状に気づいたら、一度、病院を受診する事が大切です。
病院といっても、何科を受診すれば良いのか分からない方もいるでしょう。
腱鞘炎は、整形外科が専門となります。
近くに整形外科が無い場合は、総合病院等へ向かい、何科を受診すれば良いのか相談すると安心です。
外科は多くの総合病院に併設されているので診察してもらえる可能性が高いです。
治療は、手首や手指を固定し、必要以上の動きを制限して安静にし、炎症を抑える事から始まります。
仕事で手を使う場合は、固定した状態で行い、作業時間を減らしたり休憩を増やしたりする工夫が必要です。
炎症を鎮めるために、患部を冷やす事も効果的とされています。
痛みに対しては、注射や薬を使って緩和していきます。
早期に治療を開始する事が大切で、重症化してしまうと、このような治療では効果が得られなくなります。
最悪、腱鞘炎で傷ついてしまった組織を手術で取り除かないといけない事態になってしまうのです。
何科を受診すればいいか分からなくて放置してしまっている方は、まず、近くの整形外科を探す事から始めると良いでしょう。

スポンサーリンク