腱鞘炎 完治 期間

腱鞘炎の完治期間はあくまでも目安として考えましょう

スポンサーリンク

腱鞘炎は放置していても安静にしていれば自然回復する見込みもあるのですが、それだけに過度な負荷をかけ続けた場合は治るどころか悪化して手術が必要な事態にもなるので病気としての認識を持つ事も大事となっているのです。
基本的に安静にしていれば殆どの腱鞘炎は一ヶ月程度の期間で完治すものではあるものの、その間の過ごし方を間違えるとそれ以上に長引いたり悪くなる事もあるので慎重さも必要となってきます。
例えば安静にするという事を単に動かないという形で安易に捉えてしまうのは間違いでもあり、より正確には腱鞘炎を患った部位を強固に固定するというのが必要ともなってくるのです。
基本的にそうした処置をした場合にのみ先程の一ヶ月程度の期間で完治するという事は当てはまりますので、各種の必要な補助用品と言った物や適切な対処も同時に行う事を考えると良いのです。
通常はテーピングや湿布類が補助用品としては適切であるので利用すると共に、症状によっては使い分けや対処方法も変える様に気を付ける様にします。

スポンサーリンク

腱鞘炎は発症している期間中は安静にする事も大事ですがそれだけでは不十分でもあるので、完治を目指したいならば適度な形でストレッチ等をして動かすという行為も重要視します。
ただしただ動かしては全く意味の無い物となるので良く理解した上で実行に移す様にし、特に気を付けるべき点としては炎症を伴っているかどうかの見極めともなるのです。
炎症している箇所を無理に動かすと余計に痛みが増してかえって動かせなくなりますので、その場合は最初に冷やすという処置を行うのが正しい方法ともなってきます。
逆に炎症が無いのに冷やすと今度は血の巡りを悪くして完治を遠ざけるので注意する様にし、それらが無い場合は温める事を優先してやると治る期間も短縮できるので使い分ける様にします。
この温めると同時に適度にストレッチをすると腱鞘炎で問題となっている部分を解す事ができるのですが、基本的なやり方としては何時も動かしている方向とは逆に反らすのが良いともされているのです。

スポンサーリンク