腱鞘炎 手術 後遺症

腱鞘炎の手術では後遺症が残ることがあります

スポンサーリンク

ペンやキーボード・マウスを使用している時や使用後に手首や指先に激しい痛みが走る症状が頻繁に続いている場合「腱鞘炎」になっている可能性が高いためしっかり対策をとっていく必要があります。
腱鞘炎は手首や指先に対して負荷をかけすぎたりする事により腱や筋肉が炎症を起こしてしまい激しい痛みを引き起こしたりする病気となっていて、場合によっては手術を受ける必要もあります。
またこの病気には様々な症状もあり腱より先の筋肉の違和感を感じたり指が開きにくくなったり、瞬間的に激痛がはしったりする事もあります。
症状が更に酷くなると頻繁に激痛が続いたり指先・手首に違和感を感じ不快感を覚えたりする現象が増え何もしなくても痛みが起きている状態が続きます。
そのため、手首や指先に少しでも違和感を感じたら病院を受診して診療を受ける事をオススメします。
腱鞘炎は早めに発見する事ができれば手術を受けなくても治す事が可能となっているからであります。

スポンサーリンク

病院で診療を受けて腱鞘炎である事が分かった場合についてはどういった治療方法で治していくのかというと、主に3つあり薬物療法、痛み止め注射、手術療法となっています。
塗り薬や湿布等が処方されて経過を診ていく形となっていて薬については鎮痛作用がある抗生物質を服用する事になります。
もし手術が必要でるある場合については痛みがでている部分を切開して腱鞘を切り開き腱の圧迫を取り除き、手術自体は短時間で済むため入院する必要がないです。
気をつけたいのは腱鞘炎の手術を受けた時に後遺症が残ったりする事があります。
後遺症についてはどういったのがあるのかというと、手首や指先には多数の神経が通っているため手術中にその神経に対して傷つけたりしてしまった場合は手が自由に使えくなってしまう事もあるため後遺症にも注意しないといけなくなります。
万が一、後遺症があった場合については手首や指先に対してのリハビリや治療を受ける必要があるという事であります。

スポンサーリンク